マレーシアのタクシー

車を持っていない場合、マレーシアでの主な移動手段はタクシーか電車です。

流しのタクシーや典型的なTaxiには乗らない

日本のようにその辺を走っている流しのタクシーや、見るからにタクシーのような車体のタクシーは料金が高めかつぼったくられる可能性があるので乗りません。また車体も古いため乗り心地もよくないです。
 

Grab Taxiという配車アプリが主流

Taxiを利用する際にはGrabtaxiという配車アプリを使う人がかなり多いです。
このアプリに出発地と行き先を入れて予約ボタンを押せば、近くにいるタクシーが来てくれます。

もちろん他にもタクシー配車アプリはありますが、Grab Taxiが一番よく使われていて台数も多い気がします。 

GPSで現在地が見れるのであと何分でタクシーが到着するのか、その車の車種やナンバー、ドライバーの顔写真を見ることができます。
 

料金は固定

出発地と目的地を入れて希望する車の大きさなどを選ぶと、料金が表示されます。

Grab Taxiの場合は料金が固定で、道に迷って遠回りをしたとしても料金は変わりません。

確定した料金を見てから予約をするので、海外特有のタクシー代ぼったくりに合わなくて済みます。

※高速道路を利用した際の高速代は別途ドライバーに支払わなければいけません。
 

車はごく普通の自家用車

配車アプリのタクシーのドライバーはごくごく普通の人がドライバーとして登録していて、その人の自家用車に乗る感じです。

マレーシアの一般的な車にはきちんとエアコンが付いていて、Grab Taxiをやっている人の車は比較的新しい車が多いです。

車はマレーシアでよく見かけるマレーシア国産車、HondaやToyotaなどの日本車が多いです。

 

人の家の車に乗り込むのは日本だと抵抗があるかもしれませんが、マレーシアでは何故か全く抵抗がありません。
むしろ流しのタクシーの方が抵抗があります。

 

ちなみにタクシー乗車代金の一部が仲介料としてアプリの運営元に入ります。(20パーセントだと聞いたことはありますが定かではないです。)
 

ドライバーもごく普通の人。性格は十人十色

フルタイムでタクシードライバーをしている人、本職は別にあって副収入としてしている人もいます。

特に夕方頃に乗ると仕事終わりにひと稼ぎしようとしているサラリーマンらしきドライバーが多いです。
 

一言も喋らない大人しい人もいれば、めっちゃ喋る人、Instagramで友達になるくらいの人もいます。
 

降り際に5star(星5つの評価)宜しくねと言ってくる人もいます 笑
 

アプリにはドライバーの乗客からの評価が5段階評価で表示されます。
星5つにどんなメリットがあるのかは知りませんがGrabtaxiでは星5つを宜しくとよく頼まれます。
 

※このブログは2017年5月22日に書かれたものです。

タグ:

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA