桃園空港から台北市内中心部へのアクセス 台湾・台北旅行

今回はBatik Air Malaysia (バティック・エア・マレーシア)で台北に行きましたので桃園空港ターミナル1に到着しました。

入国審査を済ませて到着ロビーに出ると、両替店、ATM、SIMカードが購入できる場所、水やお湯が入れられる機械(無料で使えます)などいろいろあります。


よく空港の出発ゲートの辺りに給水機が置いてありますが(空のボトルを機内持ち込みで持って行き、出発前に水を汲み飛行機に持ち込む派です)、それが到着ロビーにあるのはありがたい。

※これからご紹介する情報は2024年1月現在のものですので変更がある場合がございます。

※併記の日本円は1元を4.7円として計算しています。

電車(MRT)

MRTで台北の一番中心となる駅台北駅「Taipei Main Station(台北車站)」へは第一ターミナル(Airport Terminal 1、機場第一航廈)や第二ターミナル(Airport Terminal 2、機場第二航廈)の駅から行くことができます。

所要時間、停車駅

空港からは乗り換えなし1本で台北の一番メインの駅Taipei Main Station(台北車站)へ行けるのですが、Express Train(急行)とCommuters Train(普通)の2種類があり、Express Trainは停車駅が少なく第一ターミナルから所要時間が35分、Commuters Trainは普通車ですべての駅に停車し所要時間は50分です。

Expressの停車駅は台北の一番メインの駅「Taipei Main Station(台北車站)」から→ New Taipei Industrial Park(新北產業園區)→ Chang Gung Memorial Hospital(長庚醫院站)→第一ターミナル→第二ターミナルです。

本数、料金

Express Train、Commuters Trainともに15分に1本あります。

始発午前6時ごろ、終電23時30分ごろまであります。

料金はいずれも160元(約750円)です。

空港から駅への行き方

ターミナル1だとB1F(地下1階)にあるフードコートの南側にあるエスカレーターから駅に行くことができます。

ターミナル2だとB2F(地下2階)にあるフードコート横の通路から駅に行くことができます。

バス

電車がない早朝や深夜の時間帯でも走っているのがバスです。

またバスの方が少し安いため節約したい場合や滞在先が西門駅(西门站)などのバスが停まる場所にある場合にもおすすめです。

Taipei Main Station(台北車站)市内から桃園空港へ

台北駅Taipei Main Station(台北車站)から空港へ向かう国光客運のバスが出ています。

また日中だと、西門駅から出ている大有巴士という会社のバスなどもあります。       

台北のバスは路線が番号で示されているのですが、西門駅だと1961のバス(Taipei Main Station台北車站にも停まります)、Taipei Main Station(台北車站)のバスで一番よく紹介されている24時間運行の1819のバス、松山空港(松山機場)だと1840のバスなどがあります。

Taipei Main Station(台北車站)のバスターミナル

台北駅Taipei Main Station(台北車站)のバスターミナルが個人的には少しトリッキーに感じました。

桃園空港へ向かう台北駅のバス乗り場は国光客運台北車站というところです。 https://maps.app.goo.gl/NNUmsaJnEvjqRaN97

台北駅M1かM2出口を出るとバス停があるのですが、少し右の方に進んで行ったところにあります。

バス停に矢印があるので、矢印の方向へ進みます。

ややこしいことにTaipei Bus Stationというデカい立派な建物のバスターミナルが国光客運台北車站の道路を挟んだ向かいにあります。

そして、その建物の中には国光客運のチケットカウンターまでありますが、空港へはTaipei Bus Stationではありません。

間違えてTaipei Bus Stationに行きチケットについて聞くと、空港へのバスはここではなく向いの建物だと言われました。

Taipei Bus Station

空港へのバスが出ているのはこちらの小さい方。国光客運台北車站

ちなみにこの前で寝てる人多いです。

電車の無い時間でも運行している国光客運1819線

国光客運の1819のバスが24時間運行しています。

早朝や深夜の場合は台北中心部だとTaipei Main Station(台北車站)~空港間のバスしかないのでTaipei Main Station(台北車站)まではUberなどのタクシーを使うことにはなります。

途中、三重站(台北や西門の川を隔てた西側)には停車します。

私は西門に滞在したのですが、Uberは台北でも使えて深夜でも数分で来てくれました。

西門からTaipei Main Station(台北車站)へはタクシーで10分もかからず、夜中午前3時ごろの利用で料金は500円ほどでした。日本よりちょっとだけ安い程度です。

料金、時間

深夜の空いている時間帯で所要時間は約1時間、料金は140元(約658円)です。

台北駅(国光客運台北車站)発、桃園空港行の発車時刻
0:00 / 0:20 / 0:40 / 1:00 / 3:20 / 4:00 / 4:40 / 5:20 / 6:00 / 7:30 / 8:30 / 9:20 / 10:00 / 10:40 / 11:20 / 12:00 /12:40 / 13:20 / 14:00 / 14:40 / 15:20 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00 / 20:00 / 21:00 / 22:00 / 23:00 / 23:30

私は火曜日の早朝4:00台北駅発のバスに乗ったときは空いていたのですが、途中の停車駅で結構乗ってきて満席近い状態で空港へ向かいました。

桃園空港から台北中心部市内へ

桃園空港からは案内の矢印が出ているのでそれ通りに進んでいくと、いくつかの会社・行先のチケットカウンターが並んでいます。

ターミナル1だと到着出口から出て、一つ下の階に降りてしばらく進み、セブンイレブンのすぐ近くにあります。

チケットカウンターが並んでいる手前くらいに路線図が何枚も貼ってあるのでそれを見て何番のバスなのかを見て、その番号の会社のチケットカウンターへ行きます。

ちなみにこのセブンイレブンのレジ横に台湾で電車やバスに乗る際に便利な悠遊カード(Easy Card)が販売されています。

駅の券売機でも買えますが、絵柄が選べないので絵柄を選びたい場合はコンビニ等で購入します。キャラクターものもいろいろありました。

セブンイレブンに売っているものは日本のコンビニみたいな品揃えです。

袋入りのランチパックみたいなパンを温めますかと聞かれたのでお願いすると、しっかり焼いてくれて神の袋に入れてくれました。

料金、所要時間

私は桃園空港から西門駅に行く1961のバスに乗りましたが、料金は西門駅へは110元(約517円)、台北車站へは105元(約494円)でした。

カウンターでチケットを購入すると、レシートのような紙切れ(チケット)がもらえて、そこに何番乗り場かが書いてありました。

バスが到着する乗り場に行くと、運転手の他に1人積み込む荷物を確認してシールを貼ったりチケットを回収したりする人がいます。

その人に積み込む荷物にシールを貼る前に「去哪里?(チューナーリー)どこにいきますか?」と聞かれます。

車内はちょっと古めですが、至って普通です。

乗ったのは土曜日の15時くらいの時間帯でしたが、だいたい1時間半ほどで台北車站や西門駅に着きました。

西門駅前

タグ:

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA